NaturallyTennis 旅ブログ

NaturallyTennisの星野がテニスやビーチテニスの大会にトライします。

naturallytennisのイベント情報

日本全国を旅巡りします、基本車での旅です。
車ならではの旅の模様などを情報として発信します。

スノワートの新作レビューなども投稿します。
ビーチテニス鵠沼大会に向けて。その二
0
    こんにちは星野です。

    鵠沼大会に向けて、全体の反省としてサーブも課題になりました。

    ビーチテニスではネット高さが170センチくらい。


    ラケットは長さが短くガットが無い板の様な物。



    ボールはジュニアで使う空気圧が低い柔らかなボールを使います。


    その為打点とネットの通過点の関係が感覚的な距離感が違う為イメージのズレが生じています、動画内では本気で空振りしてます。そして打感も違うので飛びも違って来ます。


    <br /> ※写真をクリックすると練習動画に移動します。
    そこが違ってきます、この辺りは練習で克服したいと思います。

    しかしビーチテニスは通常のテニスとは違ってワンサーブです、なので常にセカンドサーブの時の様なプレッシャーがかかります。

    この辺りが難しいですね、通常のテニスも確立が大事かと思うのですがファーストサーブ、セカンドサーブと二回サーブが打てる分ファーストサーブでは気持ち攻撃的にプレーしてリスクを取る事も出来ます。

    しかしビーチテニスはワンサーブとサーブは一回のみこの辺りで攻撃的にプレーしたいのですが確立と攻撃的にいきたい気持ちのブレ、みたいな物も邪魔をしてサーブを難しくしてしまいます。

    この辺の精神的なコントロールを鵠沼大会ではコントロール出来る様頑張ります。

    また次回ビーチテニスの難しさ、楽しさなど僕が感じた物を紹介して行きます。
    | n-tennis | NT情報 | 10:38 | comments(0) | - |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + レンタルサーバー
    + 広告
    + スノワート SHAKE&COOL シェイクアンドクール
    + スノワート トーナメントモデルラケット グリンタ98ツアー
    + スノワート テニスバッグ ツアーバッグ6PK
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE